日本西洋古典学会の紹介

日本西洋古典学会は、日本における西洋古典学(ギリシア語・ラテン語で書かれた哲学・歴史・文学、古代の美術・考古学を研究対象とします)の振興を目的として1950年に設立されました。年一回全国大会を開き、年刊の「西洋古典学研究」、三年に一回の欧文誌 "Japan Studies in Classical Antiquity" を発行する他、諸外国の研究機関との交流、会員相互の親睦などに努めています。

お知らせ

2020/10/12
日本学術会議会員任命拒否についての委員長声明
2020/08/23
第71回大会の新規発表者公募の案内を掲載しました
2020/04/10
第71回大会の延期が決定しました(詳細はこちらをご覧ください)
2020/03/23
西洋古典学会ホームページのSSL対応(HTTPS化)をしました
2020/03/10
ギリシア語ラテン語を学べる教室 の札幌編を追加しました
2020/03/10
JASCAが電子ジャーナル化しました。既刊の第3号までとともに、その最初の刊行となる第4号を公開しました。
2020/01/30
吉見孝夫氏から「イソップ資料」第12号刊行の案内が参りました。
2019/03/09
ギリシア語ラテン語を学べる教室 の名古屋編を追加しました
2018/12/24
コルフのイオニア大学より、サマーセミナーの案内が参りました。
2018/12/22
吉見孝夫氏から「イソップ資料」第11号刊行の案内が参りました。
2018/11/28
羽田康一さんより「リアーチェのブロンズ研究集会」の報告が届きましたので、コラムのところに紹介いたします
2018/10/09
ジョージタウン大学教授のCatherine Keesling先生のご講演の案内が届きました。
2018/05/19
細井敦子さんを通じて CIPG (Comité International de paléographie grecque) の案内が届きました。
2018/02/13
吉見孝夫氏から「イソップ資料」第10号刊行の案内が参りました
2018/02/04
渡邉顕彦氏より「カトリック系人文主義教育についてのシンポジウムの案内が参りました(pdf)
2018/01/25
荻原理さんからラテン語韻文作文のワークショップ(シチリア島Trapaniにて、7月5~14日)の案内が届きました。

「お知らせ」一覧

更新履歴

2020/10/13
安井萠:リウィウス『ローマ建国以来の歴史6──ハンニバル戦争 (2)』(新刊書フォーラム)
2020/09/09
瀬口昌久:小池澄夫・瀬口昌久『ルクレティウス 『事物の本性について』――愉しや、嵐の海に』(新刊書フォーラム)
2020/05/08
高橋宏幸:オウィディウス『変身物語1, 2』(新刊書フォーラム)
2020/03/12
書評:ピエール・アド著,小黒和子訳『イシスのヴェール 自然概念の歴史をめぐるエッセー』(新刊書フォーラム)
2020/03/10
中務哲郎:『ホメロス外典/叙事詩断片集』(新刊書フォーラム)
2020/01/16
周藤芳幸:パウサニアス『ギリシア案内記2──ラコニア/メッセニア』(新刊書フォーラム)
2019/11/23
土屋睦廣:カルキディウス『プラトン「ティマイオス」註解』(新刊書フォーラム)
2019/03/18
阿部拓児:クテシアス『ペルシア史/インド誌』(新刊書フォーラム)
2019/03/06
堀川宏:アポロニオス・ロディオス『アルゴナウティカ』(新刊書フォーラム)
2018/12/12
丹下和彦:無いものねだり(エッセイ)
2018/10/30
北見紀子:クイントス・スミュルナイオス『ホメロス後日譚』(新刊書フォーラム)
2018/07/22
脇條靖弘:プラトン『パイドロス』(新刊書フォーラム)
2018/07/02
酒井健太朗:西洋古典学を学ぶきっかけ
2018/06/30
伊藤照夫:プルタルコス『モラリア4』(新刊書フォーラム)
2017/04/22
田中享英氏より岩田靖夫先生の人と学問を振り返る文章をお寄せ頂きました。併せて岩田靖夫先生業績目録をご紹介いたします (日本西洋古典学会の歩み)
2018/03/23
三浦要・中村健・和田利博:プルタルコス『モラリア12』(新刊書フォーラム)
2017/11/30
内山勝利:アリストテレス『自然学』(新刊書フォーラム)
2017/11/12
渡邉顕彦:お金の話(エッセイ)
2017/11/06
山沢孝至:アンミアヌス・マルケリヌス『ローマ帝政の歴史1──ユリアヌス登場』(新刊書フォーラム)
2017/11/01
戸祭哲子:国際学会10th Moisa Meeting: The ‘Revolution’ of the New Music に出席して(コラム)

「古典学の広場」一覧

最新のQ&A

2020/10/07
ポセイドンの戦車と地震との関係について(回答済み)
2020/01/20
アポロドロスの典拠について(回答済み)
2020/01/17
ラテン語の複合語における接続母音について(回答済み)
2019/10/24
オデュッセウスの師について(回答済み)
2019/06/27
英雄概念を中心に論じた著作はありますでしょうか(回答済み)
2019/06/22
ギリシア語の単語からそれに由来する現代英単語を調べられる手っ取り早い方法はありますでしょうか?(回答済み)

「Q&Aコーナー」一覧

次回大会について

第71回大会(2021年)
2020年大会の延期についてはこちらを、また延期に伴う新規発表者の公募についてはこちらをご覧ください。
於 国際基督教大学
時:6月初旬

CONTENTS

研究発表大会について

その他

  
  アクセスカウンター