日本西洋古典学会の紹介

日本西洋古典学会は、日本における西洋古典学(ギリシア語・ラテン語で書かれた哲学・歴史・文学、古代の美術・考古学を研究対象とします)の振興を目的として1950年に設立されました。年一回全国大会を開き、年刊の「西洋古典学研究」、三年に一回の欧文誌 "Japan Studies in Classical Antiquity" を発行する他、諸外国の研究機関との交流、会員相互の親睦などに努めています。

お知らせ

2018/11/28
羽田康一さんより「リアーチェのブロンズ研究集会」の報告が届きましたので、コラムのところに紹介いたします
2018/10/09
ジョージタウン大学教授のCatherine Keesling先生のご講演の案内が届きました。
2018/05/19
細井敦子さんを通じて CIPG (Comité International de paléographie grecque) の案内が届きました。
2018/02/13
吉見孝夫氏から「イソップ資料」第10号刊行の案内が参りました
2018/02/04
渡邉顕彦氏より「カトリック系人文主義教育についてのシンポジウムの案内が参りました(pdf)
2018/01/25
荻原理さんからラテン語韻文作文のワークショップ(シチリア島Trapaniにて、7月5~14日)の案内が届きました。
2018/01/20
セント・アンドルーズのクレイク教授から研究集会についての案内が参りました
2017/10/29
渡邉顕彦さんから近世ラテン語に関する学会2件の案内が参りました
2017/10/25
藤下幸子さん(現代ギリシア語塾エリニカ主宰者)からカザンザキス没後60周年記念行事の案内が参りました。(PDF)
2017/09/11
成城学園 創立100周年記念講演会:「古代ギリシア、はるかな呼び声にひかれて」のご案内が届きました。(PDF)
2017/08/13
「研究ノート」コーナーを新設いたしました。
2017/06/12
吉見孝夫氏から「イソップ資料」第9号の案内が届きました
2017/04/16
葛西康徳氏を通じて古代演劇クラブからの依頼が参りました

「お知らせ」一覧

更新履歴

2018/12/12
丹下和彦:無いものねだり(エッセイ)
2018/10/30
北見紀子:クイントス・スミュルナイオス『ホメロス後日譚』(新刊書フォーラム)
2018/07/22
脇條靖弘:プラトン『パイドロス』(新刊書フォーラム)
2018/07/02
酒井健太朗:西洋古典学を学ぶきっかけ
2018/06/30
伊藤照夫:プルタルコス『モラリア4』(新刊書フォーラム)
2017/04/22
田中享英氏より岩田靖夫先生の人と学問を振り返る文章をお寄せ頂きました。併せて岩田靖夫先生業績目録をご紹介いたします (日本西洋古典学会の歩み)
2018/03/23
三浦要・中村健・和田利博:プルタルコス『モラリア12』(新刊書フォーラム)
2017/11/30
内山勝利:アリストテレス『自然学』(新刊書フォーラム)
2017/11/12
渡邉顕彦:お金の話(エッセイ)
2017/11/06
山沢孝至:アンミアヌス・マルケリヌス『ローマ帝政の歴史1──ユリアヌス登場』(新刊書フォーラム)
2017/11/01
戸祭哲子:国際学会10th Moisa Meeting: The ‘Revolution’ of the New Music に出席して(コラム)
2017/09/18
西塔由貴子:西洋古典における色彩表現の研究(研究ノート)
2017/09/18
大戸千之:藤縄謙三先生の思い出(日本西洋古典学会の歩み)
2017/08/15
勝又泰洋:「第二次ソフィスト運動」の知識人たちとの対話(研究ノート)
2017/08/08
書評:リヴィオ・ロセッティ「ディールス・クランツ(DK)からラクス・モスト(LM)へ」(新刊書フォーラム)

「古典学の広場」一覧

最新のQ&A

2018/10/08
ヘシオドス作とされる「THE PRECEPTS OF CHIRON」について(回答済み)
2018/09/03
ギリシア語の動詞 βλέπω(見る)の未来形についてお尋ねします。(回答済み)
2018/04/23
アポロンのエピセット ἑκηβόλοςについて(回答済み)
2018/03/23
アテネのアゴラーに「我はアゴラーの境界標石なり」と刻んだ石がいまも保存されていると聞いたことがあるのですが、どこにあるのでしょうか。 (回答済み)
2018/02/28
responsibilityの語源について(回答済み)
2018/01/01
ボイオティア地方におけるアロアダイの伝承形成について(回答済み)

「Q&Aコーナー」一覧

次回大会について

第70回大会(2019年) 学習院大学
  時:6月初め

2019年度 大会発表の公募について(研究発表・ポスターセッション)

CONTENTS

研究発表大会について

その他

  
  カウンター