お知らせ

2017/02/06:細井敦子さんから情報提供の依頼が参りました

細井敦子さんから情報提供の依頼が参りました

 現在、FNS(スイス学術財団)のプロジェクトで「20世紀スイスにおける古代学」という題目のグループ研究が進行中で、その一環として、長い間 Année Philologiqueの編集長を務めたJuliette Ernst女史(1900-2001)の「人とその仕事」を取り纏める作業が行われています。その担当者である、ベルン大学の「古代史および古代受容史学科」の女性研究者 Dr. Ilse Hilbold から、当学会員の細井敦子あてに、資料提供の協力依頼が参りました。依頼の内容は:

1,Juliette Ernst女史と交流のあった方、女史をご存じの方、あるいは、すでに故人となられた諸先生(田中・松平・藤澤・岡・呉・高津・村川...先生)から「女史に関する思い出話」などを聞いた方はおられませんか。

2,Ernst 女史時代の Année Philologique(1995年頃まで)が、日本でどのように受容され活用されたか、感想や具体的なエピソードなどをおもちの方はおられませんか。

というものです。短くてけっこうですから、なんらかの情報をおもちの方は、とりあえず細井宛にご一報いただければ幸いです。言語は、日本語のほか英独仏伊西 などの横文字でもけっこうです。宜しくお願いいたします。

細井 敦子 E-mail: glaukopis★kzh.biglobe.ne.jp(★を@に変更)