新刊書フォーラム

ここでは新刊書の著者・訳者と読者の交流をはかってまいります。また新刊書の紹介もいたします。

著者(訳者)からのメッセージ

飯坂晃治
2014/10/02 ブライアン・ウォード=パーキンズ,南雲泰輔訳『ローマ帝国の崩壊─文明が終わるということ』
伊藤照夫
2013/06/08 プルタルコス『モラリア10』
小川洋子
2015/05/02 テオプラストス『植物誌2』
勝又泰洋
2015/08/15 ロバート・クナップ著、西村昌洋監訳、増永理考・山下孝輔訳『古代ローマの庶民たち―歴史からこぼれ落ちた人々の生活』
河島思朗
2015/09/19 金沢百枝『ロマネスク美術革命』
川島重成
2014/07/10 A New Interpretation of Sophocles's Oedipus Tyrannus: In the Light and Darkness of Apollo
木曽明子
2012/10/17 アイスキネス『弁論集』
沓掛良彦
2015/07/25 『ギリシア詞華集1』
2016/03/16 『ギリシア詞華集2』
2017/02/23 『ギリシア詞華集4』
坂井建雄
2016/11/09 ガレノス『身体諸部分の用途について1』
田中創
2013/11/28 リバニオス『書簡集1』
戸田聡
2016/04/09 『砂漠に引きこもった人々―キリスト教聖人伝選集―』
丹下和彦
2013/09/09 エウリピデス『悲劇全集2』
2014/02/12 エウリピデス『悲劇全集3』
2014/10/23 ルキアノス『食客──全集3』
2015/02/16 エウリピデス『悲劇全集4』
2016/06/07 エウリピデス『悲劇全集5』
中務哲郎
2013/06/11 ヘシオドス『全作品』
2014/05/15 ソポクレース『アンティゴネー』
2014/11/22 『極楽のあまり風 ギリシア文学からの眺め』
2017/06/11 アイリアノス『動物奇譚集 1,2』
西村賀子
2012/07/01 ホメロス『オデュッセイア』―〈戦争〉を後にした英雄の歌
2015/11/28 テオグニス他『エレゲイア詩集』
2017/03/17 グラツィオージ『オリュンポスの神々の歴史』
納富信留
2012/08/19 『プラトン 理想国の現在』
2015/08/27 『プラトンとの哲学 ―対話篇をよむ―』
朴一功
2014/05/10 プラトン『エウテュデモス/クレイトポン』
堀川宏
2016/10/23 マルティン・チエシュコ著、平山晃司訳『古典ギリシア語文典』
松本仁助
2012/08/10 プルタルコス『モラリア8』
2015/03/26 プルタルコス『モラリア3』
南川高志
2014/09/30 アエリウス・スパルティアヌス他『ローマ皇帝群像4』
毛利晶
2014/01/13 リウィウス『ローマ建国以来の歴史4──イタリア半島の征服 (2)』
森谷宇一
2013/01/24 森谷宇一・戸高和弘・吉田俊一郎:クインティリアヌス『弁論家の教育3』
安井萠
2014/04/12 リウィウス『ローマ建国以来の歴史5──ハンニバル戦争 (1)』
山下太郎
2013/09/28 しっかり学ぶ初級ラテン語
渡辺浩司
2013/03/18 内田次信・戸高和弘・渡辺浩司:ルキアノス『偽預言者アレクサンドロス─全集4』
和田廣
2015/12/17 プロコピオス『秘史』